img_02

オフィスレイアウトデザインのコツ

オフィスレイアウトデザインは、快適で優れた仕事を生み出し、社外の客人に社の印象を与える非常に大事な箇所です。
機能性と見た目、この2点を満たすことが必須となります。機能性を満たす上で、オフィスレイアウトデザインにおいて綿密なゾーニング計画は外せません。

各スペース同士のつながりを考慮した上で間取りを考えるゾーニング計画は、その出来次第によってオフィスの使い勝手が大きく変わってきます。

オフィスレイアウトのデザイン情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

例えば、セキュリティーの面から見ても、社外の人間が執務スペース内を歩き回れないように、来客者用スペースと職員スペースを明確にゾーニング分けすることで、情報漏洩など信頼性を損なう犯罪を未然に防ぐことが可能で、いかに重要かということがわかります。


ゾーニング分けは、執務、役員、会議、ミーティングスペースといった社内秘の高い箇所、応接スペースやエントランススペースなどの来客スペース、コピーFAXや給湯や休憩スペースや倉庫といったその他のスペース、といったものが挙げられます。
動線を確保し、それぞれの作業の関係性やつながりや効率を考慮した上でオフィスレイアウトのデザインを行っていきましょう。

次に、動線をもっと具体的に想定します。

一流の教えてgooの口コミ情報を参考にしよう。

レイアウトを図に記したのち、動線をシミュレートしてください。
動線のコツとしては、行き止まりのない回遊する動線、最も人が多く通るメイン動線とサブ動線をしっかり確保し、十分な広さをとる、余分な動線がないようにする、といったものが挙げられます。